〜 農業・畜産で暮らしに癒しを、群馬で養豚一筋40年宮城種豚センターです 〜
赤城高原豚、豚肉、安心・安全で美味しい豚肉を皆さまの元へお届けしています。ポークミートの品質向上を飼育技術で。
随時求人募集中。群馬県前橋市市之関町237 有限会社 宮城種豚センター 採用係まで。

宮城種豚センター
飼育のこだわり スタッフの声 リクルート ブログ 会社概要 直販 お問い合せ
会社概要
企業理念

宮城種豚センターの4ミッション

 1、宮城種豚センターは、消費者を幸せにできる豚肉を追及する。
 2、宮城種豚センターは、社員が継続的な幸福を育んでいける職場であり続ける。
 3、宮城種豚センターは、商道徳を遵守し、地域コミュニティーとの共生・発展につとめ、感謝する。
 4、宮城種豚センターは、豚たちを愛し続ける。

会社概要
 会 有限会社宮城種豚センター
 代 代表取締役 小堀範夫
 住  所 群馬県前橋市市之関町237
 電  話 027−283−2282
  F 027−283−2846
 創  業 1968年
 設  立 1976年
 資 1700万円
 従業員数 22名
 事業内容 繁殖肥育一貫経営(繁殖豚1300頭、常時肥育13000頭)
食肉加工直売
 関連会社 小堀物産(赤城山オートキャンプ場・コテージ悠悠)
   
社員集合写真
赤城オートキャンプ場 コテージ悠悠
会社沿革
 昭和36年 前橋市(旧宮城村)で養豚を始める
 昭和46年 分娩舎にリモコン移動によるテレビカメラを設置(遠く離れたところから観察可能になり省労力化に)
一斉自動給餌装置の開発・導入
当時はまだ難しかった装置化大規模養豚のさきがけとなる
 昭和47年 全国農業コンクールで農林大臣賞を受賞
 昭和52年 有限会社 宮城種豚センター設立
 平成 4 年 赤城山オートキャンプ場オープン
 平成 6 年 コンポストの導入
 平成 7 年 食肉加工施設建設
 平成 8 年 浄化槽導入
 平成17年 周辺の観光施設に配慮し、バイオエアクリーニングシステム導入
   
メディア掲載
 ・養豚情報07’9月号(バイオエアクリーニングシステム)
 ・養豚の友03’2月号
 ・とらば〜ゆ08’2月号
 ・iju info06’冬号
 
福利厚生

 定時間制8:00〜17:00
 隔週週休二日制
 男女別シャワールーム完備
 昼食一部会社負担
 自社キャンプ場コテージでの勉強会や、講習会、
 キャンプ場・自社加工肉の社員特別割引き

 社外研修・セミナー参加あり
 仕事で使う作業服、長靴、手袋、帽子などは全て会社が用意します。
 洗濯機 あり
 スタッフ休憩室冷暖房完備
 10時休憩あり
 夏期休暇、年末年始休暇あり
 通勤手当10000円まで
 駐車場完備

 出産祝い・結婚祝い
 社員旅行(毎年)
 定期健康診断
トップページへもどる
ブタの親子 群馬県前橋市市之関町237 電話 027-283-2282  FAX 027-283-2846
有限会社 宮城種豚センター
MAP お問い合せ
リンク集 サイトマップ プライバシーポリシー
このサイトは Windows および Macintosh ともに Internet Explorer6 以降を推奨しています
Copyright (C) 2008 宮城種豚センター. All Rights Reserved.